お盆のボドゲ日記

お盆みたいな休みの定番です。

土曜日の夜から朝にかけて
友人の別荘みないなところで泊まり込みで
ボードゲームで遊んできました。
次の日の朝までやっていたので今も地味に眠い・・・w

一言にボードゲームといってもすごろくみたいなものではなく
いろいろな種類があってかなり奥が深いものもあるので
今回遊んだものを少し紹介してみようと思います。

遊んだボードゲーム
・カタン
・アルゴ
・新・成敗
・海底探検

~カタン~

1プレイ時間:1時間半~2時間程度
プレイ人数:3~4人(拡張パック有なら6人までプレイ可能)

もはやボードゲームと言ったらこれといっても過言ではない
超有名なボードゲーム
プレイヤーは開拓者となって資源を集めて路を作ったり
村を作ったり発展させたりして一定のポイントを先に獲得した人が勝ちになる
シンプルなゲームですが、かなり奥が深いです。

~アルゴ~

1プレイ時間:20分程度
人数:2~4人

黒と白のそれぞれ0~11までの数字が書かれたカードがあり
各プレイヤーに配られた2枚のカードの数字を推理してを当てる簡単なゲームになります。
相手の言動からも他の人のカードが推理できるため
ぽろっといった言葉から推理されてしまったりと
簡単ながら心理戦が楽しめるゲームです。

~新・成敗~

1プレイ時間:30分程度
プレイ人数:2~4人

プレイヤーは仕事人となり悪者を成敗するゲーム
各プレイヤーは10ターンの準備時間があり
その時間で悪人の情報を集めて悪人を倒す
全員協力型のゲームになっています。
とりあえず越後屋が大体ヤバイ

~海底探検~

1プレイ時間:30分程度
プレイ人数:2~5人

プレイヤーは海底に財宝を取りに行き
その財宝を潜水艦へ持ち帰るゲーム
時間の概念として酸素ゲージがあって酸素がなくなるまでに
潜水艦へ戻らなければならないチキンレース的なボードゲーム。
財宝を持てば持つほど酸素が減るスピードも速くなるのが面白いところ

今回遊んだ中だと成敗が個人的にはお気に入りですね。
割と理不尽な悪役の強さがありますが
それを成敗できた時は気持ちよさそうです(・ω・)

次の集まりまでにボードゲームショップにでも行ってみてこようかな。

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。