自分のデッキ考察①  スタンダード 青緑タッチ黒無限マナ

引きまくれるから楽しいのから好きです。

最近某電波デッキのニコ動をみていろいろネタデッキを作って
遊んでいるのですがなかなかに難しい
デッキビルダーってやっぱすごいわ(´・ω・`)

最近は似たデッキばかり作っているので
とりあえずいろいろ組んでみようということで
スタンダードの無限マナデッキを組んでみました。

クリーチャー 20枚
導路の召使い    4枚
ナーガの生気論者  4枚
川ヤツガシラ    4枚
緑地帯の暴れ者   4枚
金線の使い魔    4枚

アーティファクト 7枚
パラドックス装置  2枚
権威の殿堂     2枚
予言のプリズム   2枚
霊気貯蔵庫     1枚

インスタント  5枚
悲劇的教訓    3枚
発明品の唸り   2枚

ソーサリー   5枚
生類開放     2枚
霰炎の責め苦   1枚
途方もない夢   1枚

基本的な流れとしては
「マナクリ展開からパラドックスして無限マナしてから無限ドローからの霰炎」
これだけです。

わかりやすいだけにキーパーツを落とされるとほとんど何もできずに
死んで行ってしまうためかなり弱いと思う(´・ω・`)
他にいれる候補としては

・エルドラージ等のデカ物系
・Xコストがある火力やドレイン
・デカ物マナクリーチャー

デッキのコンセプトを考えれば入れるとするならX火力の「内部発火」

一応青緑メインのデッキですが「永遠衆の墓所」・「大瀑布」・「産業の塔」
があるのでフィニッシュ前にも打てそうです。
後は並べられるとどうにもならないので
全体バウンスを入れるのも手かもしれませんね。
こちらはほとんど低マナ域かつCIP持ちも多いのでデメリットも少なそうです。

もうすぐ戦乱ゼンとイニスト影が落ちてしまうのが悲しい(´・ω・`)

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。