KPE新機種 麻雀格闘倶楽部 天井と狙い目考察

ma-jankakutou

麻雀格闘倶楽部のスロットが登場です

結構前ですがKPEから女流雀士を主役にした雀龍桜花という台がありましたねぇ
地味に結構好きだったので今回の麻雀格闘倶楽部も期待しています(・ω・)

麻雀格闘倶楽部の天井は一定ゲーム数の周期を経過することでARTに当選します。
シンデレラブレイドとかスゴスロのシステムと同じですね。
天井周期数は下記の通り

天井情報
通常時33周期でART当選

1周期が平均すると30.9Gとなっているので約1030Gが天井となります。
ARTの初期ゲーム数は上がった役によって変動していて
最低30G~最高480Gとなっていて親の場合はゲーム数が1.5倍になります。

狙い目としてはゲーム数で600G以降がよさそうですね。
ただ初期ゲーム数が最低が30Gと少な目なのでなるべく深めから狙いたいところです。

役などはレア役で抽選されるのかシナリオで選ばれるのかまだ不明ですが
基本がシナリオでレア役で昇格という感じですかね?
またシナリオなどの解析も出てくると思うので今後の情報に期待です。

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。