2018年のパチンコ規制を簡単にまとめてみる

今回は真面目な話を

2018年も始まって早一ヶ月が過ぎて
ついに新しい規制が始まる2月が始まりましたね。
最近は時間がたつのが早くて年なのかしら(´・ω・`)

というわけで今回は2018年から始まるパチンコの規制のお話をしようと思います。
自分の頭の中の整理もかねていますけどね。
それでは大まかに分けていくと下記のようになります。

2018年のパチンコ規制一覧
1:大当たり出玉(払い出し)数は最大2400個から最大1500個へ減少
2:大当たりラウンドを最大16ラウンドから最大10ラウンドに減少
3:パチンコ検定試験項目に項目を追加 ⇒ 4時間における出玉試験
4:パチンコにスロット同様の6段階設定を追加可能
5:4時間の遊戯でパチンコ・パチスロの出玉払い出し数を発射総個数の1.5倍未満までにする
6:2018年2月以前までの機種は検定期間満了まで設置可能(最長で3年まで)
7:遊戯に当たって、4時間で5万円以上の出玉を制限

以上が2018年の規制になります。
ひとつづつ簡単に要約すると

1:最大獲得数が約2200発から約1300発に
2:Pフラッシュがなって10ラウンド
3:4時間以内で出すぎないような検定内容
4:パチンコを打ってても設定判別が必要
5:4時間で4万分の玉を発射したら最大で6万円分の玉が出る
6:今年の春くらいまでに出る機種は後3年で撤去
7:4時間出っぱなしでも5万円以上勝てないよ!

こうしてみるとマイナスばっかりですね・・・
パチンコパチスロだけで食ってる人にはかなりの痛手にはなりそうです。

まだ新基準気が出ていないので、どうなるかはわからないですが・・・
今後は封入機パチンコも導入しないとならなくなるという噂もあります。

今のところは不安なことばかりで、お客に不利なことばかりですが
規制が緩和されたこともあるので、オリンピックが終わったら緩和の可能性もあります。

個人的には緩和してほしいけど・・・
なかなか今年も厳しい1年になりそうですね(´・ω・`)

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。